HOME > 不動産豆知識

不動産豆知識

知って得する不動産豆知識

売却の流れ

メール・電話などにて売却相談・査定のご依頼を頂きます
実査定をご希望の場合は、現地にお伺いする日時をお約束させて頂きます。
売却相談・査定は無料です。
実際に物件を見ない、簡易査定も可能です。(但し、大まかな金額になります。)
査定価格ご提示、売却価格・売却方法の決定
媒介契約には、専属専任媒介・専任媒介・一般媒介の3つの契約があります。
現在のところ専任媒介をお選びになるお客様が多いようです。
ご売却準備(お部屋の片付け等)
少しでもイメージを良くするために、ご売却の準備をして頂きます。
1.無料シロアリ点検を実施します。(一戸建の場合)
2.クリーニング・リフォーム等が必要な場合があります。(クリーニング・リフォーム業者ご紹介します。)
3.販促図面・パノラマムービー等(全て無料)の制作をします。
ご売却活動開始
お客様に選択して頂いた方法で売却活動を開始します。(広告費は原則無料です。)
1.手まきチラシ、近隣訪問、新聞折込チラシ、オープンハウス開催
2.住宅情報誌・ホームページ・不動産ジャパン・アットホームへの掲載
3.現地看板の設置 等を行います。
ご案内・お申し込み
各種媒体からの反響のあったお客様を実際に現地にご案内し、お気に入り頂いた方には申込みを頂きます。
1.居住中の不動産の場合は、売主様に事前にご都合を確認のうえ、当社の営業マンが立会います。
2.購入希望のお客様より申し込みが入りましたら売主様と買主様の売買条件を当社の仲介により、調整致します。
3.購入希望のお客様が融資を利用する場合は、事前に融資可否の審査実施します。
ご契約
売主様、買主様、仲介業者立ち会いの上、契約を行います。
ご実印・身分証明書・印紙代が必要となります。 手付金を買主様よりお受け取り頂きます。
残代金の受領および不動産のお引き渡し(所有権移転)
売主様、買主様、仲介業者、司法書士立ち会いの上、残金決済・お引き渡しを行います。
1.残代金と引き換えに不動産と登記事項証明書(又は権利証)と鍵の受け渡しをします。
2.不動産に抵当権のついた残債があれば、その時までに返済(通常は残代金で返済して頂きます。)して抵当権を抹 消します。
3.不動産に対して、瑕疵(シロアリや雨漏りなど)担保責任を負って頂いた場合は一定期間(通常は2ヶ月程度)保証をして 頂きます。
確定申告(税務署)
不動産の売却によって利益が出た場合には、翌年の確定申告をする必要があります。
確定申告の時期になりましたら当社より簡単なご案内をお送りしております。

VIVI不動産の購入の流れ

お問い合わせ

メール・お電話にてViVi不動産へ直接お問い合わせ・資料請求をしてください。
物件見学ご希望の場合は、事前に(1〜2日前)にご予約頂けるとスムーズにご案内できます。
(居住中の物件や鍵の手配が必要な物件もある為)
お申し込み

購入物件が決定しましたら、購入申込書にご記入いただきます。認印をご用意ください。
(原則として、当社は申込金をお預かり致しません。)その後、速やかに当社が責任を持って、売主様側と折衝致します。
他社さんよりの預かり物件もございますので、現地に他社さんの看板と
当社の看板が2つ出ている場合がありますが、ViVi不動産にお問い合わせください。
手数料は一定額に定められており、お客様に余計な手数料はかかりません。
ご契約

宅地建物取引主任者より重要事項の説明後、契約を交わします。
手付金(売買代金の5%〜10%程度)をご用意ください。
手付金は、売買代金に充当されます。申し込みされた日から1週間〜10日程度でご契約頂いております。
銀行融資のご相談・お手伝い、リフォームアドバイスも致します。
営業スタッフまでお気軽におたずねください。当社の提携銀行での借り入れの場合は、さらに金利が優遇されます。
受け渡し日の決定

売買物件の受け渡しの日と場所を決めます。
銀行融資がある場合は、銀行にて平日の銀行営業時間に行います。
残代金の残金決済・所有権の移転

ご契約時に定めた日までに、売買代金の残額を納めていただき、お客様名義に所有権を移転致します。
1.当社提携の信頼のおける司法書士がお客様のスムーズな所有権移転をバックアップします。
2.残代金は受け渡しの金額が大きいので、通常は買主様の口座から売主様の口座へ残代金をお振込頂くか、
 銀行振出しの小切手をご用意頂きます。
鍵の引き渡し・リフォームご入居

鍵の引き渡し、リフォーム又はご入居開始。
宜しければ提携のリフォーム、クリーニング、引越業者をご紹介いたします。
ご成約ありがとうございました!

アフターサービスの一環として、(必要な方のみ)確定申告のご案内、ご相談も致しております。
通常、引渡し後の、個人の売主様の瑕疵担保責任期間は2ヶ月です。
(その後に雨漏り等が見つかっても補修は買主様で行って頂くことになりますので、ご注意ください。)

ローン特約・瑕疵担保責任

気に入った物件が有り、売買契約をするときに気をつけなければいけないのは特約です。
例えば、銀行ローンを利用するに当たって『ローン特約』をつけてもらわないと、
万が一契約後にローンが不承認となってしまった場合に手付金が没収されてしまいます。
また、『瑕疵担保責任』がついていないと、入居後に雨漏り等が見つかった場合にも、
自分で費用を出して修理しなければいけなくなります。
『ローン特約』は契約から2〜3週間、『瑕疵担保責任』は引渡しから1〜2ヶ月ぐらいの期間(当社などの不動産会社が売主の場合
中古住宅の場合では引渡しから2年間、新築の場合で10年間)付けてもらうのが一般的です。

各種住宅税制

居住用不動産を購入する時に注意しなければいけないのが住宅税制です。
住宅ローン控除等の軽減が利用できない物件を購入してしまうと、
利用できる物件と較べると物件によっては最大で500万円もの損になりかねません。

大まかに言うと、築20年(マンション等は25年以内)以内で登記簿面積が50m2以上の住宅は
各種住宅軽減税制が利用可能
です。 (住宅ローン控除だけでなく、登録免許税や不動産取得税も軽減の対象となります。)

尚、現行制度(平成21年度は控除対象借入額5,000万円迄 {以後平成23年から1年ごとに対象額は1,000万円ずつ減額となります。}の借入額に対して、 10年間 毎年年末借入金残高の1%の所得税控除を受けることが可能です)は 平成25年度までの入居に適用されます。(平成25年12月31日まで)
最近見た物件
    最近見た物件はありません
ViVi不動産について
ViVi不動産について
ViVi不動産は、お客様の快適な
暮らしができるよう
サポートしていきます!
お問い合わせ
モバイル
(携帯電話用)
サイトはこちら!
ViVi不動産ブログ